Skip to content(本文へジャンプ)

弘陵賞

  1. ホーム
  2. 弘陵賞

弘陵賞

弘陵賞メダル

弘陵賞とは、大学の造船工学科との連帯を強め、本会の将来発展に資する目的で、昭和50年10月15日に定められた賞で、毎年卒業研究または卒業設計で優秀な成果を上げた卒業生に贈られます。

歴代の受賞者の詳細は表のとおりです。

弘陵賞受賞者一覧

年度 受賞者氏名 成果
昭和50年 堤 健二 東南アジア航路貨物船の設計
山口 信之 オ―ストラリア航路貨物船の設計
呉 昌華(Ng.Chong Fah) Tramper 貨物船の設計
51年 磯井 進 大阪―釜山フェリーの設計
52年 三砂 弘毅 撒積貨物船の研究
53年 金子 健一 高橋 敬三 貨物船(LO/LO)の研究
54年 小岩 敏郎 森 泰比古 J積分による疲労破壊靭性の研究 -試験片寸法影響-
55年 宮崎 剛 森川 正夫 骨組み解析ポログラムの開発とそれを用いたジャッキ・アップ・リグの設計研究
56年 宮崎 進 人口造波とその解析法に関する新しい試み
斉藤 正雄 シム・チェン・フィー パソコンを利用した海洋構造物の振動実験及び解析
58 小宮 敏行 武井 清隆 模型船の船尾粘性流場関する実験的研究
59年 亀山 道弘 半潜水式海洋掘削装置の形状選定法に関する研究
60年 青柳 利明 大波傾斜不規則深水波に関する実験的研究
61年 秋永 清 山下 潤 ロールオン/ロールオフ型船舶のラッキング荷重の誘導とダブルハルの効果
62年 石川 紳二 板橋 正泰 方向ベクトル波中の海洋構造物の運動に関す実験的研究
63年 石川 俊一 立野 哲州 超高速船の抵抗性能に関する実験的研究
平成
1年
田島 大典 山本 真理子 客船の快適性と主要寸法との関係関する研究
2年 遠山 栄一 福島 哲司 弁財船寶玉丸に関する一考察
3年 佐々木 聡 清水 泰斗 洋上レジャーアイランドの設計研究
4年 木全 尚人 水口 晋 二点繋留方式による浮体型超大海洋構造物の応答特性に関する実験的研究
5年 小林 啓二 島岡 崇 三次元スイングバイを用いた軌道面変更の解析
6年 武田 真一 エアロスペースプレーンの飛行特性
7年 福島 正朗 向かい波中における漁船の転覆
8年 高野 敦 大型宇宙構造物姿勢振動に起因す並進運動に関する研究
9年 湯浅 景 惑星重力を利用した軌道面変更の研究
10年 安部 成由 月面着陸機の多項式誘導則の研究
11年 荒井 宗一郎 月面着陸機の多項式誘導則の研究
12年 丸山 隆之介 惑星間サンプルリターン軌道の最適化に関する研究
13年 青木 陽子 小惑星探査機の遷移軌道最適化関する研究
14年 北爪 芳之 空気吸いこみ式エンジン内の超音速流混合に関する数値的研究
15年 古賀 心太郎 電気推進系を用いた小惑星への最小燃料軌道に関する研究
16年 戸田 隆慶 月着陸機の障害物回避誘導制御則に関する研究
17年 高橋 純一 盛合 健 全日本学生フォーミュラ大会出場用600㏄フォーミュラータイプレーシングカーの企画設計製作
18年 渡辺 竜一 ホモトピ―法を用いた宇宙システムの三次元軌道生成に関する研究
19年 Wan Xin(ワン シン) Research of sloshing response coupled ship motion 船艇運動との連成を考慮した応答に関する研究
20年 三井 雅大 有人宇宙輸送システムの実時間三次元誘導制御則に関する研究
21年 岡田 直樹 山根 亜紀子 垂直軌道質量移動型アンチロールシステムの実践実証試験
22年 虎谷 大地 マルチローター機の形状最適化設計手法に関する研究
23年 三原 勇貴 回転翼を利用しないダクト型水車の改良と性能評価
24年 佐伯 秀真 セミサブ型洋上風力発電システムの風・波浪場中動揺特性に関する実験的研究
25年 寺尾 京真 摂動法を用いた溶接止端部の応力集中解析に関する研究
26年 畑 玲菜 球形タンクのスロッシングについて
27年 辰田 一樹 曲げと軸力を受ける十字継手の疲労強度に及ぼす板厚効果に関する研究
28年 小竹 杏奈 ユニット型浮体式防災基地の設計と災害フェーズに応じた使用方法の提案

平成28年度卒業式と弘陵賞授与

ページの先頭に戻る

弘陵造船航空会 データベース・ライブラリ

フェリーさんふらわあ

広告募集中